シダクラ沢は奥多摩の中でも易しく、とりわけ見どころのない沢。
ザイルも出す必要なく、目立った滝もありません。
でも、それなりに沢の中を歩き、詰めもそれなりにあって、初心者が沢登りの基本を体験するにはもってこいの沢なんです。

ところが、この日のシダクラ沢は全く別の沢のよう!
原因は水量の多さです。小河内ダムもまだ放水を継続していましたから、山に含まれた大量の水分はまだまだたっぷりとあるようなんです。
シダクラ沢にもこれまで10回近くは登っていると思いますが、これまでで一番の水量でした。
そのために実に美しい! 水も冷たく気持ちいい!