天空の回廊へ、雪の深い時期に行こうと2年前の同じ3月に来て、そのときは大佐飛山まで届かなかった。なので、今回はかなり気合いが入っていました。

ただ、思っていたより雪が少ない。雪をかき分けラッセルを頑張って登りたかったという気持ちがちょっと残る。

百村山先の送電鉄塔あたりで、下りてきた登山者に大佐飛山なんて日帰りしなきゃあ、なんて言われたけど、ちょっと違うんだよなあ。そんな駆け抜ける山登りには何の興味もないし・・・「山は泊まらなければならない。山の水を飲まなければならない。」とは誰の言葉だったか・・・

男鹿・大佐飛山/雪の回廊 2019.3 山の会やまづと

1日目