作成工事中

2024.3.20 水無川本谷

最近、目標がある。ホームページのホーム画面に載せてもらえるような山行報告を書くことだ。掲載目指して気持ちある記録を書くべく頭を悩ましている。レポートは得意だがどうも昔から感想文は苦手だ。前置きが長くなりました。

F8大滝前にて

今年最初の沢登りに水無川本谷に行ってきました。当初、2級沢に行く予定だったが、事前の足慣らしの沢登りに行けなかったので場所を変更した。濡れない沢で冬に遡行ができる沢の一つだ。

戸沢出合駐車場まで車で入る。今年初めての沢登り、いつもと違う胸の高まり、そういつも沢登り前はこうだった。やはり他の山行スタイルとはちょっと違う緊張感があるのだ。

戸沢で用意していると風強く寒い。テンションの上がらない人が2名ほど。気合い入れろー


最初は10mの滝。F1。以前親分とこの沢に来た際、ここでロープ出してもらったのだが、ここぐらいはロープ出さないようになって欲しいと言われた。今回はロープ出さずに余裕でクリア。成長してるよね?!


次は6m滝。右も左もいけるがイッチーリードで右壁へ。左は少し濡れるから。右は少し最後がいやらしい。イッチーが緊張しつつもリード。支点構築はまだまだ。。。最初は焦って目の前のハーケンが見えなかったりする。リードするとやることいっぱい緊張もいっぱい。滝の音で声が聞こえない、周りには誰もいない。1人でなんとかするしかないのだ。


F3。右壁を挑戦。やはりトラバースでビビってやはり左のカンテから。シーズン初めにあのトラバースは怖い。もう少し足元なれてから。秋に来てクリアしよう。せっかくなので、左カンテからロープ出して練習。ロープはってロープアップして固定、セカンドが登ってきたらセカンドにビレイしてもらって先頭の人はトラバース。。。ロープワークちゃっちゃとできるチームになりたい。実戦は日和田なんぞは比べられないぐらい身につくと思う。だから、もっとロープ持って山に行こう。


F5。右の隙間を残置利用してパワーで上がる。こちらもイッチーがリード。


雪が降ってきた。でも、そんなに寒くない。カモシカさんと少し戯れて、さらにいくつか滝を越えていきしばらくすると雪もやみ、最後のF8が見えてきた。20mぐらいか。直登できないので右のルンゼを上がる。最近やまづとはF8の右ルンゼからそのまま尾根に乗り稜線に出るのだが、だいぶ悪くなっている。途中複数崩れていていくつか落ちたらサヨナラの怪しいトラバースがあった。ここが今日の核心だった。250mほど登って稜線。つめは疲れる!(安全考えるとF9のルートが今後はいいかもです。)




登った先は1400m付近、塔ノ岳にはまだ100m登る。これが辛い。北面はまだ雪景色、ぐっと苦しさに耐え黙々と登ると塔ノ岳に着いた。風も強くなく富士山も少し見えている。
なんとも言えない沢でしか味わえない充実感に包まれた。


あとは降りるだけ走るように1時間ぐらいで駐車場まで降りた。かなり早いスピードと思うのだが、同じスピードで40kgのガスボンベ持っておりている人がいた、、、すごい。


やっぱり沢は最高だ。今年何回行けるかな。どこまで挑戦できるのか?!今から楽しみすぎるけど、なんか沢を考えると心臓がギュッと掴まれたような緊張感、これが沢にはまる理由なのかも。。。
(文、米山)

メンバー: タカテツ、イッチー、ウタコ、ヒマラー、ベイサン

2024.3.20 水無川本谷