雲取山かけあし 2005.2

ブナ坂を過ぎると広々とした防火帯の尾根になりました。霧がながれて展望はありません

途中、足がぶっ壊れたけれど何とか持ち直して無事下山しました

熊の爪跡でしょうか、鹿の角跡でしょうか

昨日は悪天、今日の回復を期待して登り始めたが、終日霧雨が降り続く天気でした

こんな天気でも我々の他にも登って来る人がいる。昨日の悪天の中を登ったのか、下って来る人もいる

冨田新道との分岐です

この辺り、踏み跡を外すと雪が深い

12時ちょうどに山頂の避難小屋に着きました

パンとおにぎりとお茶をお腹に詰め込んで、山頂をピストンし即下山します

Home