12月だと、まだ雪が少ないんだね・・の西尾根です

茅野駅からタクシーで渋ノ湯まで入り、唐沢鉱泉を経て西尾根の登山道に取り付きました

上から次々と登山者が下りて来ます

黒百合から縦走してきた人達なのかなあ。大人数の中高年グループも下りて来て道をあけてくれる

我々の大荷物を見て

若いね、どこに泊まるのか、若いからテント泊まりが出来るんだねえ・・・なんてお褒め言葉?をもらいながら脇を通り抜ける。るんるん

(もう50半ばがうちにもいるのに・・・)

こらっ、いらんことを言うんじゃない、るんるん

尾根に上がってからも、展望台まで遠い

ちょっと風もでてきたようで寒い

第一展望台に着きました

真ん中に赤岳の眺めです。その左側にどっしりと緩やかに見えているのが硫黄岳です

西天狗岳が正面に見えています。またしばらく樹林の中に入ります

第二展望台付近、正面に大きく西天狗岳

今日はあの先の樹林の中、西天狗岳の鞍部に泊まります

第二展望台付近から、赤岳と阿弥陀岳

テント場の雪をワッセワッセと均して

どうにかこうにか、テントが2つ張れました。だんだんと冷え込んできて寒い

早くテントに入って一杯やろう

お酒とおつまみを出し合ってミニ宴会

テントの中に入って、コンロに火がつくとホッとします

今日の晩ご飯のメニューは何なの、なんかいっぱい出てくるね

ということで、晩飯は豚肉ショウガ焼き

たっぷり野菜の野菜汁付きです

お腹いっぱい食べました。ビールもお酒もマッコリもいっぱい飲みました。おやすみなさい

ええっー、もう朝なの

まだ起きたくない

寝覚めの甘い飲み物を飲んでも、まだ眠い

朝飯は、カボチャ雑炊です

さあ、いっぱい食べて動くぞ。今日もがんばろう

良い天気です。だけど寒いね

空も寒い色です

夜中に少しだけど雪が降ったようです

トレースも消えてしまったようです

樹林を抜け出て、青空に向かって登ります

流れる雲が朝陽に照らされています。早く太陽に当たりたい

流れる雲がとても綺麗でした

がんばって登ろう

振り返ると展望台のピークが朝陽に輝いていました。遠くの蓼科山も白く美しく見えています

まだまだ山頂は遠いねえ

やっと、我々にも日差しが

今日の一番乗り・・・たぶん

傾斜が緩くなって、西天狗岳の山頂はあそこです

もう山頂が近いようです

Home

(2)へ続く

北八ツ・天狗岳西尾根〜東天狗〜中山峠〜稲子湯(1) 2012.12