奥利根・雨ヶ立山 2005.4

奥利根橋船付場バス停から登り始めて、しばらく尾根を辿ると、眼下に赤い屋根青い屋根の集落が見える

雪の中のおとぎの国のようです

その向こうに尾瀬の至仏山と笠ヶ岳が望まれる

左の大きな塊が至仏山です。右の三角が笠ヶ岳、そのすぐ左に小さく小笠です

何の足跡だろうか。熊かも

雨ヶ立山から東南に下っている尾根の末端、奥利根橋から登り始めて1319mのピークから前方が開けました

右奥の白い山が雨ヶ立山です。まだまだ遠い

右手の奥には谷川連峰が見えています

もうすぐ芽吹きのブナ林です

今日はあの先のブナ林の尾根まで行く予定です

天気がよくて雨ヶ立山も輝いています

ブナの森をポクリポクリ

まだ日が高くのんびりしています・・・のところで、強烈な爆音に飛び起きました。飛行機が音速を超えたときの衝撃音のようです

吃驚しました。こんな靜かな午後だったのに

2日目、雨ヶ立山の山頂を目指します

今日も快晴。気持ちの良い青空が広がっています

雪庇の崩落によるブロック雪崩の跡

こちらは表層雪崩の跡

白い山頂はもうすぐです

青い空に向かって一歩一歩

そして山頂に到着。360度の素晴らしい展望台です

奥利根、越後、尾瀬などの山々の展望を遮るものは何もありません

手前の三角の山が刃物ヶ崎山(ハモン)。かつて登った尾根が全面雪崩れて黒い肌をさらしています

ぐるり周りの雪山の眺めです

山頂から東に尾根を下り、矢木沢橋を目指します

山頂直下の下りと1478mの先が、雪質によっては雪崩れるのかもしれません。少し不安な気持ちになりました

最後に雨ヶ立山を振り返りました

Home
谷川奥利根の山写真一覧へ