2013年5月3〜6日の山ごはん

5月3日の夜ごはん

GW山行、初日は1時間も歩かずに、幕営。
エネルギーがまだ余っているので、雪壁づくりにも力が入ります。
明日から、急できつい登りが続きますからね、
しっかり食べとかねば。

ごはん担当はIさん。
メニューは、雨ヶ立山と同じく、鮭の粕汁!わ−いわーい。

玉ねぎたっぷり。

さらに生姜&きのこも。

煮立ったところで、酒粕どーん。

脂のりのりの、鮭2切れもどーん。

味噌は俺に任せとけ!とKさんが味噌を溶き。

体も心も温まる、おいしい粕汁でした。
ちなみに、今日の日本酒は燦然(さんぜん)、特別純米。
岡山の酒蔵です。
燦然の特別純米は、今話題の岡山産酒米「雄町」を使用。
雄町サミット2012年優秀賞受賞ですって。
まろやかで後引く美味しさでした。


5月4日の朝ごはん

2日目もとっても天気がよく、早朝から青空が広がります。

昨日に引き続き、食当はIさん。
メニューは、椎茸と葱、角切り大根がたっぷり入ったぞうすいです。

最後に、放し飼いの鶏が産んだ卵を入れて、出来上がり。
あっさりして、おいしかったです。
さあ、今日もがんばるぞう。

藪やら、急斜面やら、重い荷物をしょっての登りはきつかったー。
でも城壁づくりは楽しい♪
小一時間かけて、斜面を切り込み、
せっせとテントを張るスペースをつくりました。

働いた後のビールはうまい!
(いつも美味しいけど)

ごはんの前に炙りまつり。小あじの開きやあたりめまで炙ります。
ああ、ますますビールがすすんでしまうじゃないっ!
お腹いっぱいになる前に、ごはんの準備をお願いします!

5月4日の夜ごはん・・・今日の食当は、素人料理人・強力くん。
きっとまたプロ並みのメニューなんだろうな〜。
と期待していたら。
今回はさすがに強力くんタッパー(注:強力くん愛用の大容量のタッパー)は出てこず、
ペミカンを活用しての、あれこれメニューだそうです。

ジップロックに入った、特製ペミカン。
お肉やキノコ、根菜などを、ラードではなく、牛脂で固めるのだそうです。
で、気になるメニューは、まさかのビーフシチュー!!

ペミカンをお湯で溶かして、ビーフシチューのルウを入れます。

さらに!

強力くんお手製の干したジャガイモ登場。

それをたっぷり入れて、ぐつぐつ煮込めば、あっという間に出来上がり。
見た目どおり、激ウマですよ!奥さん。
銀座の洋食屋さんはさすがに難しいかもしれませんが、
○○とか○○○あたりだったら、勝てるかも!(超個人的推察)

3日目の朝ごはんに用意しておいた、パンをちょっと失敬して、
こんがり焼いて、一緒にぱくり。そのおいしさに神藤しきり!
こんな贅沢な洋食メニューを雪山で食べられるなんて、
幸せやねえ・・・と、しみじみ思いました。

ちなみに今日のお酒は、私がわざわざわざ(感謝強要してます)、
佐久まで行って購入した「佐久の花」純米吟醸。
長野県佐久市のお酒です。佐久は意外に酒蔵が多いんですよ。
まろやかで旨みじわじわ。あzつという間になくなってしまいました。


5月5日の朝ごはん

今朝も快晴!
朝日がとてもきれいでした。

定番すぎて、すみません。
朝ごはんはカボチャ雑炊です。
今回も、地元の商店街の豆腐屋さんで買った揚げをたっぷり。
たんぱく質が入ると旨みが増しますよね。
しめじや椎茸もいい味を出していました。

やはり頂までは、非常にきつかったけれど、
頂上では、みんなヘロヘロだったけれど、
Iさんの熱意と驚くべき行動力で、
さらに200mくらい離れた白馬山荘でビールを5本も購入。
これで、今夜のお酒も確保し、ほくほくしながら、
今日の幕営場所、白馬大池へ。


風もなく、暖かかったので、テント脇に2つ大きな溝を作ります。
これでテーブルと椅子になるんですよ。

あかりづらいですが・・・。
イス部分にテントマットを敷いて、ゴハン前のプチ宴会。

雪で冷やしたビールがおいしかったな〜。

陽も暮れてきたので、テントに戻って、夕食の準備。
今夜も強力くんです。

またしても、特製ペミカン登場。
同じく、湯で溶かして・・・。

今日のメニューはルウを変えて、欧風カレーです。
「こだわりの中辛」ですよ。

さらに!干しピーマン!

ぐつぐつ煮て・・・、またすぐに出来上がり。
ペミカンだと、調理時間が少なくて楽ですね〜。

人参やピーマンの彩りよく、おいしそうなカレーの出来上がり。
お肉もたっぷり、野菜もしゃきしゃき。
これが雪山でのゴハンだなんて・・・、昨日に引き続き、またしても感動しました。


5月6日の朝ごはん

朝早く起きて、ご来光を拝みました。
今日も天気は良いようです。
3日間とも、恐ろしいほどいい天気!
誰の日頃の行いかしら・・・。

GW山行の最終日は、まったり朝ごはん!
というのが、やまづとではなぜか恒例です。
しかも!朝ごはん担当は、強力くん連投ですよ〜。
またしても楽しみ!わくわく。

最初にイチゴジャムが登場。

ただのイチゴジャムじゃないですよ。
なんとなんと、強力くんの手づくりなんです。
甘夏の角切りも入って、甘さも控えめ。
奪い合いに近いくらい、人気でした。

さらにさらに!

手作り干しフルーツ!!
甘夏、リンゴ、キウィを切って、干しただけというものらしいのですが、
半生で、歯ごたえもあって、しかもジューシィ!
ワインのつまみにも良さそうだし、私もぜひ作ってみようと思います。
相変わらずやるなあ、強力くん。

カップスープの素で作ったスープと合わせると、
なんて豪華な朝ごはんでしょう!
まるでリゾートホテルのようなメニューです。

ちなみに

私のパン。

親分のパン。
白いのは、チューブタイプのマーガリンです。
このたっぷり具合!メタボ一直線だし!
歳も歳ですしね、気をつけていただかなければ。


5月6日の街ごはん

4日目は下りるだけ〜。
天気もよく、景観も素晴らしいので、うきうき気分で下山しました。
ロープウェイにも何とか乗れて、
栂池では、ダッシュで温泉に入って、バスで長野へ。
白馬であずさに乗るより、長野まで行って新幹線で帰る方が、
だいぶん早いし、座れる確率が高いのでは!というI姉さんの提案です。
素晴らしい!

しかし、長野は街だった・・・。
当然ながら、大きな駅だし、付近もぜんぜんわかりません。
まだ昼過ぎなので、居酒屋さんは開いてないし、ずいぶんうろうろしました。
駅よりだいぶん離れては、また駅の方にもどり・・・。

なぜか「おたる」に決定。
ランチタイムでしたが、夜のメニューもいただけるそうです。

小樽だけに、サッポロビールがおいしかった!

最初になぜかお寿司、12カン。
セットになっていて、ランチタイムだとお得みたいです。

サーモンの炙り。肉厚です。

ほっけの干物。これまた肉厚で脂のりのり。

たこのから揚げ。

キノコのサラダ

北あかりのチーズ焼き。
ほくほくで甘くておいしかったです。

鶏のなんとか焼き

ランチメニューのしょうが焼き。

長野だもん、そばもね(味はむむむ)。

長野でなぜ小樽かはわかりませんが、
ビールと魚はおいしく、スタッフの方も親切で、いいお店でした。

最後はどうなるかと思いましたが、
またしても、とってもおいしい4日間でした。

Home
山ごはん一覧へ