奥秩父・豆焼沢〜雁坂峠 2015.7

豆焼沢大滝

のろのろ台風11号のあとで水量が多く、高巻きの連続になりました。当然この大滝は水が少なくても我々の技量では登れないのだけど、トオの滝、4段20mの滝も今回は巻きになりました

久しぶりに来た豆焼沢だったけど根っこのついたままの倒木がかなり多くあってのっこしが大変でした

雁坂の小屋番の方の話では3年前の大雨で倒れたらしい、根っこがついているのでしばらくこのままだろうとのこと

入渓

三峰口から豆焼橋・出会いの丘PAまでタクシー

途中の川が増水して少し濁りが入っている。天気はすばらしい青空なんだけど、こりゃすんなり行けないか・・・

かなり高く登って小尾根のトップへ。下方ゴルジュの上斜面に先行パーティーが見える

やっぱり・・ホチの滝の手前のゴルジュに水が溢れている。まいったねえ、ということで大高巻きに入りました

あそこまで、どうやって行ったんだろう

出会いの丘の脇から谷に下りる

小尾根から懸垂しながら横に移動して、ガレ場に下りる。そこから草付き斜面を登り、ゴルジュ上の樹林をトラバース

ゴルジュ内は水が溢れかえっています

平水であれば、この中を小さく巻いたりしながらホチの滝下まで行けるのだけど今日は無理です

ゴルジュが曲がって樹間からホチの滝がチラチラ見えるあたりから上へ、雁坂大橋の橋脚まで登って滝上に出ました

滝脇の急な小尾根に高巻きの道がついていました。水量が少なくてゴルジュ内を通過出来ればこの道が使えるのだろう

釣りをしていた先行パーティに追いついて、しばらくゾロゾロ。ここは慎重に渡るところ、一歩が滑りそう

初っぱなからどうなることかと思いましたが、少し落ち着きました。ただ水が多いので滝の巻きも多くなりました

いくつか目の巻き、トラロープがかかっているのだけど、滑りやすく失敗すればアウト

トラロープがかかっているとはいえ慎重に対応しなければならないか・・・

先行パーティがまた釣りを始めたのでお先に

トオの滝に着きました

水がダバダバって感じで登れないねえ

トオの滝を左側の窪から巻くと道がありました

この道、ずっと上まで続いているのかなあ。すぐに沢に戻る

ちょっとだけ深い徒渉

滝もいくつか出てきて

遡行を始めてから6時間ちょっと、もう疲れたねえ。良いテント場があれば・・・

もうしばらく歩きます

ちょっと狭いけどテント場を見つけて・・・この上の2つ滝を越えて見たけどテントスペースが見つけられずにここに戻りました

今日の晩飯は焼き肉です

薪集めと晩飯の下ごしらえを終えて、すこしまったりしはじめた時に、さっきの釣りパーティが登ってきました

まだ歩いていたんだ。向こうのあの滝の上にもう一つ滝があって、それを越えて見える範囲には泊まり場所はないですよ

なかなか育てるのに苦労した焚き火

やっと元気よく燃え始めました。きれいに燃えてしまうまで、焚き火のまわりでお酒をちびりちびり

さて、明日も頑張ろう。おやすみ

それなりに早起きして、朝飯作りです

作るひとに、見てるひとに、それを撮るひと

何が出来るのかって

野菜スープとパスタの出来上がり

腹ごしらえにて、さあ行くぞ

水の量は・・・目に見えては減っていないようです

昨日はこの滝の上まで偵察済み

左側の窪を登って滝上にでました

(2)へつづく

Home