中ア・中田切川大荒井沢 2015.10

下山後の飯と温泉をパスしても空木の山頂には登ろうと話していたのに、もう時間切れっぽいなあ、あれっ温泉も飯もやばそうか・・・

曇りノ滝の高巻きに時間がかかって下山が大急ぎになりました。この高巻きルート、みんなすんなり見つけてるのか

10日新宿15:00発の高速バスに乗り、駒ヶ根インターでタクシーに乗り換えて林道ゲートまで、夜道を林道終点まで歩く

10/11 入渓

夜、目が覚めると雨の音、朝方から少し本降り、そして増水

今日は午後から天気回復との予報、少し小降りになったところでさて行くか。茶色に水が濁っていて緊張しました

スクラムと巻きを交えて遡って行きます

雨は小降りになったけど、グングン回復って感じはない

沢が南から西方向に変わって、煙りノ滝

今日は増水しているからなのか上段下段とも水しぶきで煙っています。左から巻きました

この先で進めず渡れずの状態になって

左岸に渡れれば楽なんだけど、どこも渡れない。右岸の高巻きはきつそうだけど仕方ないか

大きく追い上げられる

ザイルを使って小さく巻けばよかったかも

けっこう時間がかかって沢に戻ると、なんだか流れの色が薄くなっている。いっぺんに気持ちが楽になりました

中田切本谷から支流の大荒井沢に入りました。ここまで入渓から5時間が経っていました

横綱ノ滝かな。正面向いて堂々としています

左側から巻きました

この後、2つ3つ滝を巻いて・・・寒いと滝の近くに行くのも億劫です。早く小荒井沢の出合まで行ってテントを張りたい

午後4時小荒井沢出合に到着

それになかなか燃え上がってくれないし、背中を通り過ぎる風も冷たいし・・・

晩飯は水炊き風鍋

寒いので食べていても落ち着かない

濡れた衣服を乾かしながら、焚き火の周りをあっちへ行ったりこっちへ来たり・・・煙がまわって煙い

10/12

長かった・・疲れました

薪が少なくて集めるのに苦労しました

曇り空だけど、ときどき星が瞬きます

明日はいい天気になりますように

朝飯、何て言うんだっけ、これ・・・忘れた

快晴の朝です

ちょっと寝過ごして遅くなったけど、さて行くか

歩き始めてまもなく谷にも日が下りてきました

そして、だんだんと谷が狭まってきて、いくつか滝を越え、なんとなく出てきそうな・・・お化けじゃあないけど

曇りノ滝、落差120mとか

岩壁をまとって綺麗な滝です。このときはまだ、この滝の高巻きに苦労することなどあんまり考えていませんでした

ぐるりと岩壁、その上に紅葉

振り返ると伊那谷と南アルプス

左が塩見岳、右の方に悪沢岳と赤石岳・・・たぶん

しばらく景色を眺めながら腹ごしらえ、さて行くか

簡単に高巻けると思っていたけど、こりゃあけっこう大変そうだぞ。一ヶ所岩が切れていたので偵察・・・

岩壁の基部まで登って、上に抜けられそうなルートを探りながら左側に回り込む。持ってきたガイドにはブッシュ帯を大高巻きとあるだけ・・・

だけど岩が出てきてザイルがいるよ、なので戻ってさらに左に回り込むが、岩壁が上に下に広がって行き止まり、あらまあ

またさっきの偵察のところに戻ってザイルを出す。どこ登るのか・・・そこの棚、ハイハイで行けそうか

そこを登ってもう一度偵察・・・急な細尾根状を登って左は岩壁、右は・・・戻って相棒を引き上げてさて行くか。ここで行き詰まったら時間的に今日中には東京に帰れない・・・

けっきょくザイル3ピッチの大高巻きになりました

もっと簡単に高巻けるものだとばかり思っていました。ここで2時間半も遊んでしまいました。やばい

やっと曇りノ滝上の沢床に戻る

曇りノ滝を越えてから小滝がいっぱい出てきます。登ったり巻いたり・・・制限時間が迫ってきているので簡単に巻けるものはどんどん巻いて

けっこう焦っています。もう空木の山頂どころではない。下山して温泉も時間が怪しい、飯食う時間は・・・

これも巻いたか。寒いので水に入る気がしないし

やっと源流域、曇りノ滝上から3時間近くが

やばい

ずっとずっと昔、中田切本谷を登って下山が間に合わず駅で寝たことがあったけど・・・

そしてやっと前方に避難小屋が。まだ間に合うか

駒ヶ根最終7時の高速バス、それを逃すと電車も東京まで行き着かない。焦る

山頂方向、小屋から上はガスで真っ白なにも見えません。大急ぎで沢靴から登山靴に履き替えているところに単独の女性が山頂から下りてきて・・・

今日初めて人にあったこと、ガスで方向を間違えたこと、山頂付近は雪とエビのシッポで真っ白だったこと・・・けっこう不安の中を歩いていたのだろう、いっぱい話したいことがあったみたい

だけど、我々はめっちゃ焦っているので、あんまり相手をしてあげることができない。おばさまは登山口に車を置いているとのこと

避難小屋を3時に飛び出して、登山口の駐車場着は5時半を少し回っていたか。タクシーを呼んで駒ヶ根バスセンターまで。なんとか間に合いました。だけど飯も抜き、でもいっぱい頑張ったから充実感ありです

Home

これが最後に出てくる滝

これも巻いて急げ急げ

中央アルプスの写真