北八ツ・黒百合平〜天狗岳〜稲子湯 2017.2

雪山始め・・もう遅いぞ、で定番の天狗岳に登ってきました

小屋の前でピッケルの使い方、アイゼン歩行、つぼ足歩行の練習を少し、これから徐々に経験を積んでいこう

1日目 渋ノ湯から黒百合平

茅野駅10:25発のバスに乗って渋ノ湯。いつものように渋ノ湯前には多くの登山者がこれからの準備をしていました

しっかりトレースのついた道を黒百合平へ

黒百合平についてすぐにテントを張って・・・ペグを忘れた、う〜ん・・わかんをアンカーに埋めちゃおう

真ん中の2つが我々のテントです

急斜面を登り下りと横トラバース、足の運びとピッケルを意識しながら何度か繰り返しました

バランストって駆け下りてこい・・・

今日の晩飯は豚肉たっぷりのハヤシライス、美味しかった

2日目 天狗岳ピストン〜稲子湯

ちょっと小屋前の急斜面で登り下りの練習をしよう

朝は時間をかけて「サラメシ?」久しぶりの新作でした

さて、行くか

ありゃ、他のテントはもう戻ってきてるぞ

というところを、我々は出発しました。ちょっとだけ風が冷たい

いいね、この青

しっかり雪を踏みしめて登ろう

うっ、ちょっとコースを間違えてないか・・

通常コースに合流しました

ときどき風が雪を巻き上げます

ううっ、またコースを間違えてないか・・

変だと思ったら止まらないといけない

素晴らしい眺めの東天狗山頂に着きました

そして日尼友好

西天狗岳に向かいます

天狗の鼻だよ

低い鼻を高くします。後ろは赤岳と阿弥陀岳、平たく見える硫黄岳

そして広大な眺め、丸っこい円錐の蓼科山、美ヶ原の遠く向こうに北アルプス

北アルプスの北から南まで全部見えているのだろう、どこがどこ・・・

近くに南アルプス

浅間連山もくっきり見えています。煙は上がってないね

さて、下りるか

西天狗岳は風緩く暖かだったけど、東天狗に近づくと風冷たい

東天狗の山頂にまだ登山者がいるね

登り返しになるところでトラバースの踏み跡を辿ります

灌木が雪をまとってきれいなところです

ちょっと登り過ぎたんじゃあないか・・・

やみくもに踏み跡を辿ってはいけない。どこかで踏み跡が分かれていたはずだなあ

尾根に戻って、黒百合平も見えています

黒百合に戻ってテントを片づけて、いつもならここで小屋に入ってアップルジャムティなんか飲んで一服するのだけど

今日は、さっさと稲子湯目指して下山します

中山峠からの下りの最初がちょっと急です

昨日練習したようにピックに腕全体で力を入れんかい、なんて・・

全面雪に覆われたミドリ池、後ろに見えているのが天狗岳です

今日は一日良い天気でした

鉄分のにおいぷんぷんの稲子湯、ここいいね

このあと、タクシーを呼んで小海駅で一杯・が二杯になり・・また・・・

良い気分になって電車に乗りました

またね

Home