奥秩父・釜ノ沢西俣〜水師〜甲武信岳 やまづと2020.8

入渓前の渓谷道歩きであわや・・・。渓谷道は数年前に比べて整備されているようです。だけど古いルートも目印テープがそのまま残っていて、何も考えずに崩壊ぎみの古いルートに入ってしまった。「おかしい」と気がつかない感覚がいけないし、安全策を取らない不用意さがもっといけない。

1日目

渓谷道の危機を断ち切って乙女ノ滝まで来ました。釜ノ沢出合までにいろいろな見どころが出てきます。

ペンキ屋さんが黄色い模様を吹き付けたような壁です。苔なのかなあ。

東のナメ沢を過ぎて、ツルツルの渕を歩く。毎回通るごとに滑り方が違う。フェルト底の靴では滑って通れないこともあるけど、今日はスタスタ歩けます。何が違うのだろう。

深い渕で元気者は一泳ぎしています。

西のナメ沢

忍者走りに挑むも

ここを過ぎるとしばらくで釜ノ沢の出合に着きます。

おおっ、すごい。釜ノ沢出合の魚止ノ滝を登っているグループがいる。出合到着が遅くなったので、出合で泊まるか両門ノ滝の上まで頑張るか迷ったけど、先に進むことにします。

魚止ノ滝を登っている人を見ながら、我々は左側から巻いて滝上へ。先の角を曲がると千畳のナメが始まります。

千畳のナメ、初めて来たときは、たぶん走ったな。