大菩薩嶺、北尾根と長峰 2006.12

5:51の電車に乗りつもりが、目が覚めたのが5:51.慌てて飛び出たけれどもう間に合わない。メンバーには塩山で待っててもらうが、大失敗でした。ごめんね

塩山からタクシーで三条新橋へ。運よく林道のゲートが開いていて小室川の出合まで入ることができました

しばらく水源巡視の道を辿り、山腹を巻くところから道を離れ、藪の尾根に入りました

1343.3mピークまでは急な登りが断続しました。1490mを過ぎたあたりで水源巡視の道と合流し、道が西側の谷を巻くところで巡視道と別れ、笹やぶの尾根を登ります

1343.3m三角点

尾根は間違えようがないのですが、ふみ跡を外すと笹藪が濃くて一苦労します

尾根が広がると、人と獣のふみ跡が縦横に入り交じります

かなりのハイペースで歩いたので、ちょっときつかったです

雷岩からは富士山と南アの大展望が楽しめました。逆光でくっきりとは見えないけど、広々とした景色に気分爽快です

冬枯れの草原を、富士山の眺めをお供に峠へ。真ん中の山、熊沢山の下に大菩薩峠と今日の泊まる山小屋介山荘があります

介山荘を見下ろしています。2007年6月頃より改修工事の予定だそうです

南ア・赤石岳の脇に沈む夕日。夜、星空を見ようと外に出ると、甲府の町が光に包まれて闇に浮きあがって見えました

介山荘の夕食のおかずです。日本酒かワインが付きます

お代わり自由のカレーです。勢いよく3杯目のおかわりをしたら、となりのおばさまに3杯目はそっとだすものよと笑われてしまいました

これが朝食です。ナメコの味噌汁がおいしい

日の出です。暖かい年の暮れで、朝の気温マイナス5度でした。だけど、冷たい風が間断なく吹きつけていたのでふるえました

石丸峠の上から、お別れの富士山です

牛ノ寝通りを少し下り、長峰へ。長峰の尾根はぐ〜んと下るので標識がないと下り口が分かりにくかったかもしれません

右手、小金沢の山腹につけられた林道と高度が同じくらいになると、林道からの山道が合わさって笹薮もなくなります

白草ノ頭三角点です。尾根道はピークを巻くように付けられています

白草ノ頭から500円札の雁ガ腹摺山が見えました

カネツケノ頭付近の自然林です。明るい尾根道で気持ちのいいところです。飛竜山と雲取山がずっと見えていました

山ノ神の祠から左下、ダム方向に下りました。切り立った斜面のトラバースから瘠せ尾根を下って、車道へ下ります。旧道を辿るとダム湖に水没して行き止まりになってしまいました

Home
会員募集中です
奥秩父・大菩薩の写真一覧へ

標高1708mから1840mの間は濃い笹藪でした

大菩薩峠の方から見るとなだらかで、どこが山頂なのか分からない大菩薩嶺もこちら側からはスクッと立ち上がっています

出発が遅れたので心配しましたが、まだ夕暮れには余裕のある時間に山頂に着きました

ごめんね

空に浮かぶ富士山です

右の三角が甲斐駒ヶ岳、真ん中に仙丈岳、それと左の三角は北岳

夕日が沈んでいきます

ああにっぽんの富士って感じかな

南アルプスの峰々も朝日に輝いていました

下り始めは膝上くらいの笹藪が、下るにつれて背丈を超えるようになりました

新道に戻って、上和田のバス停に急ぎました