奥秩父・滝川水晶谷〜水晶山〜雁坂峠 2009.6

いつもの急な小尾根を下って滝川の流れを

沢も、このくらいの規模になると流れを遡るだけで楽しい

たまに薄日がさして水がきらめきました

ときどき沢幅が狭まって、水に浸かります

6月に入ってなんとなく寒いね。水も冷たくてふるえました

穏やかな流れを遡ります。エゾハルゼミの大合唱がかさなってワァ〜ンという音に聞こえます

泳がなくてもよかったんだけれど、沢泳ぎの試しに

なかなか泳ぐの好きそうだね、寒いだろう

よっこらしょっと。谷は広くなったり狭くなったり

えっ、感じないって

やまづとに第2の泳ぎ手出現かも、よろしくね

吊り橋の残骸があります

小屋の残骸もあります

これを過ぎていよいよ沢は廊下状になって、今日の頑張りどころに突入です

まずは板状の岩峰をえぐる滝を越えます

滝つぼが泡立っているので落ちたくないぞ

滑りそうで滑らない滝を慎重に登りました

このまま登って、狭い廊下の先にある滝上に下ります。下り口が垂直で怖い。次はなんだ、明るい内にキャンプ予定地に着きたいね

会員募集中です
Home

つづく