中央線沿線・源次郎岳キリガ尾根〜かくれっ窪〜古部山 2009.12

長い道のりを知ってか知らずか、早や歩き

忘年鍋山行のはずだったのに、いつのまにかトコトン歩くぞ忘年山行になって

冬の日射しが眩しい尾根です

前方に源次郎岳が見えてきました

恩若峰の分岐まではそれほどの急斜面はないけど、山頂直下は見上げるような急登です。息がゼイゼイ、ふくらはぎも突っ張って、そら頑張れ

源次郎岳山頂に到着しました

それぞれ座る場所を確保して、ふぅ〜。冬の日射しはたっぷりあるけれど、山の上の空気はずっしりと重く冷たい

あっ、森のヒト みっけ

長老も森のヒト

わかいふりして森のヒト

ホントにわかいんだぞ森のヒト

なんか悩みがあるんか森のヒト

なんの悩みもないんか森のヒト

くだらんことに付き合ってられない、先を急ごう

なんたって、登りより下山の方が道のり長いんだから。でも、なんでまだ登ってるの

そう、この斜め下を指している標識どおり、山頂は下にあります。あちこち山は無数にあるけど、こんなヘンテコな標識は珍しいかもね

テントが風で吹き飛ばされる事故があって、注目の富士山です

今日は穏やか見えるけれど

一旦、嵯峨塩深沢林道に下りて、かくれっ窪へ

牛奥峠の奇岩 はまぐり岩

えっ、なになに、ハンバーガー岩のほうがいいって

峠の女神さまが微笑んでいました

つづく

会員募集中です
Home
中央線沿線の山へ