奥多摩・鷹ノ巣谷〜鷹ノ巣山 2010.9

20数年ぶりの再訪、藪こぎがきつかった印象しかなく・・・

なんにも憶えてないと、3回目だけど新鮮です

部分的には、結構見栄えのするところもあり・・・

ただ暗い沢ではあります

わざわざ水に浸かって遊ぶメンバーもいて

遊んでいるんじゃないって・・・

ということで、結構楽しむこともできます

なんやかやで大滝に着きました

(下山後・・・もう下山後の話しですが・・・打ち上げ飲み会で地元の有名山岳会の人が話しかけてきて、数日前にここで事故があり、救出活動に出動したことを教えてくれました)

手がかり足場もしっかりしていて、難しくはないのですが

高さはあるので慎重に

ちょっと余裕かな、のポーズをつけて

大滝を過ぎれば、あとは詰めを残すのみ

と思っていたけど、これがなかなか長く

小滝もちょいと出てきて、巻きを間違えたり・・・

ということで樹林の詰めになります

これがまたまた長くて

ちょいとヘロヘロだね

お〜い大丈夫かぁ

長い詰めだったけど、藪こぎは全くなくて、二昔前の記憶の強烈な笹藪はどこにいったのだろう。大滝上で分かれる詰めの沢の違いなのかも

沢も暗かったけど、尾根に上がってもガスって暗く

霧の尾根にマルバダケブキ(だと思う)の黄があざやかでした

まだこれから2時間だよ

暗くなっちゃうかなあ、最終バスに間に合うかなあ

ガスの暗さから夕闇の暗さへ

どんどこ急いで

だけど夕闇にまかれ

東日原集落に下りたころには、お祭りのぼんぼりが灯っていました

会員募集中です
Home

人間はミスをするものであり

一つのミスで「終わり」は、絶対にさけなければならないのであり・・・

奥多摩の写真一覧