奥多摩・多摩川入川谷 2011.6

梅雨空のすっきりしない週末、来たる夏のために沢馴れしておかないとなあ&鳩ノ巣の豆腐を食うかと入川谷へ

この谷は林道から河原歩きが少々長くて飽きるかも。森の中からクロツグミの囀りが聞こえる。久しぶりに聞く声かな

左岸から入ってくる布滝沢を過ぎて、なおも河原歩きを続けて、最初の滝です。垂直で登れません

2番目の滝も垂直で登れない

3番目に出てくる速滝、名前がついています。これも我々には、当然登れません。そこで右岸から巻くのだけど

滝の手前のリッジを登れって・・・ザイル確保されてセカンドで登っても恐怖の登り、中間部分が立っていて、足元が滑りやすくグリップが効かなくて、あんた良く登ったねえ

こういうときは戻って、もう少し大回りしたほうが、長生きの秘訣かもね

恐怖のリッジ登りを終わって、少し開けたところに出てから、速滝の上に急下降しました

オリの中のような、荒れた部分も多い谷です

天気と一緒で、なんかすっきりしなくて、面白みのない沢登りだなあって、おれは思ったけど

若い人は攻めて行きますが、おじさんは弱気です。天気と一緒でウジウジってしています、いやだねえ

もうそろそろ終わってもいいかな、の滝

この上の滝は登れなくて、足場不安定な右側から巻いて、源流へ。コンパスを合わせてとことん詰めよう

2つほど水の少ない方の谷筋に入って、鬱陶しい倒木を跨いで、急な窪から斜面を詰めて行きました

そして無事に川乗山の手前、舟井戸に到着しました。川乗山は登らずにここから下ろう

詰めの登りで大汗をかきました、速くビールを飲みたい

植林の薄暗い森に、コアジサイが満開でした

トントコトントコ下って

鳩ノ巣駅に着きました。山賊ピューおじさんは言いました・・えぇまたかよ・・・
こんどはなんなのよ・・・まあ儀式だからさ、はあ〜「おれは、むずかしいこたあ、いわん男だ。冷たいビールとハトノスの冷や奴さえありゃええ。」

はい、おまちど。今日はサヤエンドウ付きだねえ

固くて甘みがあって美味しい豆腐です。ご近所で作っているらしいけど。おばさん、今日は忙しそうだね

駅前は山から下りた若者集団でいっぱいです。店のおばさんはそっちの応対にあたふた忙しい。我々は後回しのようです

川乗山は若い人に人気の山なのかな。山ガールも華やかな鳩ノ巣駅前でした

えっ、あんたも今度は半パンとタイツで山登りをしたいって・・・

一つ電車が行って、駅前も静かになりました

店のおばさんも、やっと我々の注文聞いてくれるようになりました。さっきは定食以外はできないって言われたのに

会員募集中です
Home
奥多摩の写真一覧