那須・三本槍岳(その1) 2012.4

春の雪がボンボン降って億劫だなと思っていると、さぁーっと青空が開いて、この分だと会津に抜けられるか・・・と

今年は天気の巡り合わせが悪くて、山登りの山域が偏っています。今回も谷川連峰に行くつもりだったのに、比較的天気が良さそうな那須に変えたのですが

どんどん天気が回復していくようで、このあたりではルンルン気分だったのにね

今日は三本槍岳を越えて大峠近くまで行きたいと思っていました。なのに

スキー場のトップに合流するあたりから、雪が舞い風もでて、先行きが怪しくなってきました

進むほどに風が強くなっていくようです

雪が風に飛ばされていく速さを見ると、もう台風並みの風が吹いているようです。2人組の山スキーヤーが、風が強くてダメだと言って引き返して行きました

この先でも、2人組の山スキーヤーが、風が強すぎると言って下りて行きました

我々はどうするんだよ、って考えもなく前に進みました

ただただ、天気は良くなる方向だと信じていました

だだっ広い平坦な尾根から、少し登り加減になったところで、ほぼホワイトアウト状態になりました

ときどきかすかに見える灌木の枝が大きな木に見えて、遠近感がよく掴めません

風に飛ばされないように足を踏ん張って、身体を屈めて登って行きました。スダレ山の標識付近が一番風が強かったようです

尾根から清水平に下るあたりが、また視界悪く、どこにいるのか混乱しました。右手の斜面を登り切って、地形図と合わせて、ここらあたりにいるのだろうと

もうとうに三本槍岳を越えて会津に抜けるのは諦めて、この風の中、どこにテントを張ろう

これは翌日の朝のテントです

風が弱いといっても、しょっちゅうテントが揺さぶられて落ち着かないので、ビール飲んで飯食って速攻で寝たのですが

2度ほど、肩のあたりまでテントが浮き上がって、目が覚めました。朝起きてみると、テントの角を止めていたピッケルが、すっぽり抜けていました

朝になっても風があって視界も良くないので、昨日のコースなどを思い返しながら、間違えないように北温泉に下りることだけを考えていたら、なんかときどき薄日が差すようになって

あれっ、テントに張りついているお前は誰だ

なんだ、おかっぱおちょぼ口の女の子がいると見えたけど、ただのベンチレーターでした

風に飛ばされないようテントを潰しながらザックに詰め込んで、とりあえず三本槍岳には行ってみよう

三本槍岳方向はまだガスの中だけど、大丈夫そうだよ

でもまた、この北温泉に戻ってくることになるとは

昨日は清水平の中ほどまで下りると、ときおり強い風が吹くものの案外風がなくなりました。それでもって、だだっ広いここにテントを張りました

Home
会員募集中です
那須の写真一覧へ

(2)へ続く

風は雪と一緒に間断なく吹きつけてきます。広い斜面を登って傾斜が緩くなるあたりでワカンからアイゼンに履き替えました