丹沢・新茅ノ沢〜烏尾山〜三ノ塔 2012.5

懸垂岩での岩トレから2週間、再び丹沢へ

5月だというのになんだか寒い、初めての沢登り。

F1にて、この前習った懸垂下降も試してみる。

初めてなのでカラビナの使い方からおぼつかないけれど、

セルフビレイと確保を繰り返し。

次のF2は登れたけれど、途中、F3は巻きました

その後は快適な沢を進みます。

自然の造形は素晴らしく、流れる水音も心地良いなんて思いながら、

でも水が冷たいと身体が思うようにうごかないぃ。ぼちぼちと。

途中、脆い岩場で立ち往生の山靴パーティーさんに先を譲ってもらいました。

水が終わったところからガレ場、こちらも脆くて大変。

後ろ足に体重をかけず、ホールドも確認しながらね。

このあたり鹿が多いようで、最後は枯れた笹の茂みを抜けて、

やっほー、沢登りで烏尾山初登頂となりました。

ここからは沢装備から山装備に着替えて進みます。

今日はオオルリ、ヤブサメ、ミソサザイ、ジュウイチ、
ヒガラ、ヤマガラ、メジロなどが囀っていたようです。

ようやく晴れ間が覗いてきました。散りゆくマメザクラを横目に、三ノ塔へ。丹沢山系の山々を見渡しながら、三ノ塔尾根経由で帰途へ、大倉を目指します。

ウグイスなら分かるんだけどなぁ、もっと野鳥さんの名前も覚えられるといいな。

牛首からは新緑が美しく、オオモミジ、イロハモミジ、イタヤカエデ、

みんなカエルの手のような葉っぱでカエデの仲間なんだな。

今日はバス停前の蕎麦屋さんでそばを食べて帰ろう。

お蕎麦の前に卵焼きとそば豆腐、そして鴨のクワやきってナンダロウ?

鍬焼きでした。

丹沢の伏流水でつくった松田町のお酒、松みどりをクィーっと。

そば茶飯、そして最後はせいろそば、ごちそうさまでした。

お蕎麦目当てでまた来るよ、丹沢の沢登りでした。

Home
会員募集中です