丹沢・勘七ノ沢 2009.5

天気の予報がどんどん悪くなって、何度も「行くんですか・・・」

そんなに誘惑をするなよ、「やめようか」と言いたくなってしまう

開き直って、雨の似合う勘七、さあ行こう

トップと確保は沢登り1年目と2年目のポッポちゃんとハットくんに任せて、今日は2人のデビューみたいなもんだね

あれっ、カラビナにザイルが通ってない・・・

まっ、いいか

2番目の滝登り、岩が脆そうでいやだね

小雨が降ったり止んだり、鬱陶しいけど、楽しい夏の沢登りに向けて、頑張っています

3番目の滝登り、もう風呂に入った人がいる。今日は寒いから、下りてから温い風呂のに入ろうよ、ね

3つ目の滝の上から、やぁ

4つ目の滝も順調に越えて、その上の4つの堰堤越えで遊んで、いよいよ

勘七ノ沢大滝です。やる気だね、慎重にね

このあたりは順調だったけど・・・

あれっ、動かなくなっちゃったぞ

お〜い、大丈夫か

悩み深いようで、考え込んでしまったみたいだ。見ている方も緊張感が増してきて・・・・・

やっと思い切ったようで、上へ。でも思い切って落ちないで

緊張のせいか、雨が強くなったような

ふぅ〜、長い緊張でした

今度は上で後続をしっかり確保してね

この大滝を登れば、あとは緊張するところはなく、どんどん行こう、小滝がいっぱい続いています

両手と両足をつっぱって

もう少しで滝登りも終わりです。5月下旬、山の緑も濃くなって、野鳥の季節、トラツグミが寂しげな声で鳴いています。雨だからね

ほかに、ツツドリ、アオバト、エゾムシクイ、クロツグミなどが鳴いていました

花立山荘デパチリ、山登りの大先輩ニ撮ってもらいました。50何年前に勘七ノ沢を登ったとのこと。
当時は草鞋履きで登っていたが、一足30円だったとのこと、そして勘七を登ったあとは源次郎沢を下って、モミソ沢をまた登って大倉尾根を下りたとのこと・・・すごい

沢靴からハイキングシューズに履き替えて・・・ありゃ

ポロッとまんまるのヒルがころがって

やられてしまった。なんで一番歳喰った者に食いつくんだよ

君たちゃ、血の気が足りん、と八つ当たりだぁ

見てみると、手の甲の傷もヒルだったようで。手の甲に食いつかれているのに気がつかないとは、トホホです

脛に2ヶ所

ということで盗られた分、今夜も栄養をたっぷり取るぞ

会員募集中です
Home

(私たちと一緒に沢登りをしませんか)

丹沢・箱根の写真一覧