奥秩父・釜の沢〜甲武信岳(その1) 2012.6

サイショハグー ジャンケンポン

なんか真剣だね

そう、今日はすこし水の流れが速いようです。19日の夜に通過した台風の影響がまだ残っているのかなあ

けっこう水が冷たいです

何度も徒渉を繰り返して、足の指先はもう痺れています

そして東沢から釜ノ沢に入りました

迫力の水しぶきです

最初の滝は左側から巻きます

そこに指が引っかかれば

指を引っかけての腕力登りで一つ目の滝を越えました

滝の上も水があふれかえっていて、釜に落ちるとそのまま順繰りに下の釜に流されそうです

ちょっとこわい

千畳のナメです。この水の勢いだと、転ぶと流されちゃうかなあ。下の滝まで流れがつながっちゃってるぞ

ソーメン流しにならないように慎重に登ろう。そして、へっぴり腰になるよりは少々大胆に登った方がいいのだろう

千畳のナメの出口まできました

千畳のナメの上は、ナメ滝が3つほど続きます

ああっ、釜が全部連なっているじゃあないか。流れの脇を登るのはそれほど難しくはないけど、落ちるとおわり・・・

おーい、ちょっと待て、一つずつ行動を区切れ

ナメ滝を越えてほっとしました

一人だけ恐怖心に駆られていたのかなあ

東俣と西俣の両門ノ滝です

途中まで登って、向こうの滝が西俣沢です

滝の落ち口の巻きは、はるか頭上に赤テープが見えています。巻くよりは水流脇のほうが安心かな・・・

と思ったので、落ち口にザイルをのばしました

マヨイ沢の分岐を登って、広河原まであとちょっとだよ。けっこう疲れました、がんばろう

この滝を越えたところから広河原です。先行パーティがテントを張っていました

もう火が燃えているねえ

我々はもう少し上流まで歩いて、テント場を探しました。そして薪集めから。今日一日の緊張が解けていきます

(2)へ続く

Home
会員募集中です

我々も盛大に焚き火を燃やそう

動画
動画