湯檜曽川本谷〜朝日岳〜白毛門 2007.8

8月初旬、雪渓のない本谷は初めてです。水も温んでいて、大いに水遊びを楽しんできました

最初の関門をショルダーで越えました

小手調べの泳ぎ

3チーム入り乱れての水泳大会です

我がチームのエースの潜水泳法・・・・・んっ。ひょっとして溺れてるの・・・。ザックに頭を押えられて、顔が上げられません

他チームの若者が、カメラを水中に落としたといって、何度も往復していました。若い体力がうらやましい

ちょっと、淵が小さくなったような。ここで泳ぎは終わりです。ガンバレガンバレ

十字峡の滝

本谷は左に直角に曲がります。正面は抱返り沢、右手からは大倉沢が流れ込んでいます

ここに雪渓がかかっていないのは初めてか

きれいなナメが続きます。ここでも水泳大会をしたことがあるけど、今回はパス。もう若くはないので体力温存です

七ツ小屋沢を過ぎて、滝の裏側を登ります

赤っぽい色の二段の滝

一段目は簡単に左から越える。二段目はザイルを使いました。抜きつ抜かれつの他チームが下に見えていました。急ぐぞ

赤っぽい泥が固まったような滝が続きます。ここはホールド、スタンスともちょっと細かい。よいしょっと

大滝40m・・・もないか?

泊まり場の二又までもうわずか

二又一番乗り・・・が。他チームはたき火をして宴会。我がチームは疲れきって、酒とつまみだけで寝てしまいました

先行チームが熊を見た、と騒いでいました。まあ熊ぐらいいるだろう、と写真を見せてもらったら、ほんとにデカイ熊が写っていました。我々も熊の写真を撮ってみたい

そろそろ水が枯れて、藪漕ぎに突入です。タカラコウの花がいっぱい咲いていました

ミヤマシャジン?

クルマユリ

ニッコウキスゲ

ハクサンフウロ

会員募集中です
Home

シモツケソウ

朝日岳山頂にて

イブキジャコウソウ?

あっ、膝をついちゃあいけない

立ち上がれば手すりがあるけど、這い蹲ってしまうとバランスが取れません。しばらくどどっと水に打たれて轟音の中でした

やっとの思いで、轟音の中から抜け出すと身体がすっと軽くなりました

谷川・尾瀬の写真一覧