谷川・東黒沢〜ナルミズ沢〜朝日岳〜白毛門 2008.9

ハナゲノ滝 どういう意味なんだろう

白毛門沢の出合まで、滑り台のような岩床が所々にあって若者達の歓声が

滝を滑り下りて遊ぶキャニオニングというものらしい

これに若者は集まっているのか

沢登りにもお出でよ

山登りはきついからなぁ 荷物を背負って一歩一歩

夏の間だけちょこっと、というわけにはいかないけど

若者よ、沢登りにもお出でよ

白毛門沢を過ぎても、ナメ状の沢が続きます

滝らしい滝は少ないけれど、それでも所々アクセントがあり

晴れていれば歓声をあげるような所だろうね

広い沢筋に緩やかな滝が連なっています

飛沫を浴びながら一歩一歩

3度目の東黒沢です

1度目は今回と同じナルミズ沢に繋げて、2度目はウツボギ沢へ

なのに間違えちゃいました

もっとよく地形図を見ないといけないなぁ

この上で枝沢に入ってしまって、最低鞍部のノッコシにいけないじゃん

なんてことよ、と思いながら間違った所を確認して藪漕ぎトラバースです

まっ、せっかく藪に入ったのだから、ただでは起きず

ムラサキシメジが輪を描いて生えていました

晩秋のキノコだと思っていたので、時期的にちょっと意外だけど

ナラタケの子ども

これもいただき、です

尾根の鞍部を越えて、ナルミズ沢広河原に下りました

でもそこは、すでに沢屋のグループでいっぱいです

仕方なくズルズルと上流に向かい、水際の砂地にテントを張りました

大丈夫かぁ、今夜は雷雨の予報だぞ

広河原にはもう薪はないだろうけど、ここにはいっぱいあります

木の枝に引っかかっている流木を集めました

この高さまで増水するんだな

まっ、不安はあるけど月も出てるし・・・

酒でも飲んで忘れよう・・・えっ、酒そんだけしかないの

他人の酒をあてにするんじゃない

ムラサキシメジとナラタケの味噌仕立てを

夜が静かに更けていきます

不安げな満月です

とりあえず、ザックに荷物を全部詰め込んでテントに入りました

一寝入りした夜11時前、前触れもなく頭の上でキリキリキリドガーンと

飛び起きました、約2名は

しばらく寝られずに様子見です

もう1人はなんというか、グウグウ寝ています。僕ぁ幸せだなぁ

山仲間を募っています
Home

つづく