北八ツ・天狗岳西尾根〜黒百合平 2008.2

荷物が重い、寝不足がつらい、なんでこんなことをしているのだろう・・・

でも、歩かなくては

聞こえるのは雪を踏みしめる音だけ

身体が暖まるころ、歩きのリズムがでてきて楽しくなる

西尾根に乗ってから、少しづつ積雪が多くなりました。

伊勢から来たという女性が1人ついてくる。唐沢鉱泉では2人だったようだけど・・・
聞けば4人で来ているとのこと。後から追っかけてくるというが・・・

樹林の隙間から北岳、甲斐駒、仙丈。北岳はガスってきている。夕方からの天気悪化は確実です。

中央アルプス

伊勢の女性を引返させて、あとは我々のみかな・・・

2400m付近 第一展望台から蓼科山と北横岳

西天狗岳はまだまだ先です。だんだん積雪が増えてきて、本格ラッセルになりました。
今日は、西天狗直下の鞍部まで。かなりきつくなってきた所で、前方から男性4人と女性の単独が下りてくる。トレースばっちり、ラッセルの楽しみはなくなったけれど・・・

第二展望台手前の尾根が瘠せています。少しクラストした雪面に靴を蹴りこんで慎重に下りました。

西天狗がぐんと立ち上がっています

第二展望台から赤岳と阿弥陀岳

今日は一日中、どんよりとした天気でした。

暗くなってから、雪がしんしんと降り続いて、朝には昨日のトレースは全く消えていました。

吹き溜まりは腰まで埋まってしまい、なかなか前に進みません

傾斜が緩くなって、山頂はそこです・・・

山頂付近は横から雪が吹きつけて、雪面がよく見えません。

尾根を慎重に確認しながら、真東に下ります

クラストした急な斜面を登って、東天狗に着きました。

ここからは今日も登山者があったようで、トレースがしっかりついていました。

あとはトレースを辿って下るだけです。

黒百合ヒュッテに着いて、ストーブとコケモモティーで暖まりました。

渋御殿湯に浸かりながら、ラッセル山行の余韻に、じんわり浸りました。

だけど山頂の標柱が見あたらない。雪の下なの?

Home
会員募集中です

西天狗岳の山頂

八ヶ岳の写真一覧