南ア・仙丈岳 2009.3

早朝の電車の窓を雨が打ちつけて・・・なんだなんだこりゃあ

・・・も、歩き始める頃から急速に天気回復です

河原を歩き始めてしばらく、雪がみえないなあと心配していたら、目の前にドーンと鋸岳が。高いところには雪があるのね

長い河原歩きが終わって山道に入りました。山道の凍結はあってもなかなか雪がでてきません。やっと八丁坂を越えて雪の上です

大平山荘あたりで、雪が深くなって、これで雪山だね

峠のテントでまずは一杯

いつもと変わらない乾き物をつまみに・・・なんか最近荷物の重さを意識しすぎるようになっちゃって、なんかなんか、さびしいぞ

明日は早起きだから早く寝よう・・・

と、いつも思う寝坊助やまづとです

歩き始めてから日の出です。えっへん

そんなこと、自慢することじゃあないって、普通のことなんだぞ

3合目あたりにテント(我々と同じテントだね)を張った人達がトレースをつけてくれていて、かなり楽ちんさせてもらいました

森林限界を抜けると真っ青な空だけど風強いです

右斜め前から風が吹きつけて、息苦しい。口を開けると治療中の歯がしみるって、どうしよう

小仙丈までかなり急な登りです。風があるので休む場所がなくて

休むよりはゆっくり一歩一歩ね

小仙丈のピークで小さくなって休憩です

小さな標識が風よけになるって、なるわけないよ

パン囓って、さぁ行こう

しばらくは広く緩やかな尾根歩きです。ずっと風に耐えてます、忍耐だよ忍耐・・・忍って字はココロにハモノ云々てな歌があったな。忍ちゃんてそんな恐い名前だったんか

・・・てなことは考えずに、周りの景色を眺めながら山頂へ一歩一歩

少し痩せ尾根。風のつっかい棒を外されないように

鞍部は特に風強いです。この先の急な登りで単独の人がドドドドッと下りてきました。今日の山頂一番乗りだよ、早いなぁ

急斜面を右に回り込むと山頂が見えました。もう少しです

3合目テントの人達だろう4人組が、山頂間近を登っているのが見えました

山頂だよ

仙丈岳山頂到着です

ここだけは風緩く、よかったよかった。大展望です、すごいね

左手の白い山並みは中央アルプスです。その奥に御嶽山、右に乗鞍岳そして北アルプスのすべてが白く遠くに伸びて。それから右に頚城の山々、四阿山から浅間山の塊、ずっと近づいて蓼科山から八ヶ岳。ぐっと近づいて鋸岳のギザギザ、甲斐駒ヶ岳からアサヨ峰、鳳凰と北岳の向こうに富士山。間の岳から遠ざかって塩見岳、荒川岳そして赤石岳、聖岳・・・

すごいぞ、日本の屋根だよ

山頂で1時間近く、ぼうっとしてました

左の山が北岳、右手が間の岳です。北岳の左に富士山も見えているのですが、写真には写ってないね

もっともっとこの景色を目に焼き付けて記憶に残そう

会員募集中です
Home
つづく