西上州・鹿岳 2009.4

労山城西地区連の岩稜歩き講習会に行ってきました

昨日の雨も上がって快晴の空、ですが風が強く、木々をゴウゴウと鳴らしています

山を飾るアカヤシオは盛りを過ぎていて、ちょっと残念でしたが、すばらしい新緑の絨毯が眼下に広がっていました

やまづとを含めて、5つの会の合同ハイキングです

すてきな仲間がいっぱい集まりました。総勢20人の参加です。ん?人数が足りないって

このとき、北アルプスでは春の嵐に巻き込まれて、というより突っ込んで吹雪と闘っていた人達がいました。残念なことになってしまいましたが・・・

昨日の東京は本格的な雨、今日の西上州は晴れてはいるけど非常に強い風。北アルプスはどんな状況だったのでしょう。25日に見た天気図は山登りには恐ろしげなものだったと思いますが

確かにベテランスキーヤーがリフトの天辺から見る景色と、初心者が見る景色は違うように、山登りの判断も我々とはレベルが違うと思うけど。でも、何があったのかを想像しなければいけないのでしょう。入山の日にはもう天気が悪かったはずなのに、なぜ下山予定日にまだ山頂だったのだろう。メンバーがばらばらになったのは、山頂付近に雪洞を掘った前なのか後なのか。自分の経験でしか、なかなか想像することは難しいのですが

最近なにかにつけて迷惑、自己責任だと突き放すような言葉が世の中にあふれているようです

山の事故においても、迷惑・自己責任の大合唱があるようです。山に登る人の身勝手さも確かにあるのでしょうが、でも・・・

迷惑という言葉からは何も生まれないと。せめて山の会では、「迷惑」という言葉ではなく、互いに思いやることが出来る仲間でありたいものです

風は強いけれど快晴の鹿岳でした

会員募集中です
Home

さて、やまづとのゴールデンウィークは常念岳です

行ってきます