北ア・小倉谷〜笠ヶ岳〜鷲羽岳〜雲ノ平〜赤木沢(1) 2013.8

新宿朝発の高速バスで松本へ、そしてバスを乗り換えて平湯、そこからタクシーで金木戸川林道の第一ゲート車止めまで

ゲート着が6時近くになりました。高速の渋滞は覚悟してたけど、松本インターバス停で平湯行きに乗り換えれば1時間早かったね

平湯行きバスが、インターに停まることを知らなかったものだから、松本駅まで行ってしまい、目の前で平湯行きバスが発車して・・・

まだ暗くなるまで時間があるので、今日のうちに林道を少し歩いておこう

林道歩きは暑かったです。一週間分の食料の重みも堪えました。汗をダラダラかいて水をガブガブ飲んで、体中の水分の入れ替えをした感じです

第2ゲートを越え、トンネルを6〜7個過ぎて、あたりが薄暗くなってきたところで、林道脇のスペースにテントを張りました

さっそく晩飯つくりです

メニューは、塩漬け肉、なす、玉ねぎ、みょうが入りのポトフ

出来上がり、おいしい。そして、ちょっとだけ食材が軽くなりました

見上げる空に星が瞬いています。明日もいい天気になりそうです

2日目、朝5時30分の空。今日から本番です

甘いコーヒーを飲んで朝飯つくり

「最後の晩餐」じゃあないけど、やまづとメンバー内で、1000円以下という条件付きで最後に食べたいものは・・・てのが回ってきて

わたしはポテトサラダ、じゃが芋をしっかりつぶしたやつね。そしてタマゴサンドというメンバーもいたぞ

今日の朝飯は、すごい縁起もんじゃん。次の飯を食うまで気をつけて歩こ

中ノ俣発電所を過ぎて、北ノ俣川林道との分岐

まっすぐ行くと北ノ俣、分岐を右に

取水堰堤を過ぎて、山道に入ると直ぐに小倉谷の出合です

きれいな水の流れです。下流から歩いて渡れるって話もあったけど、我々には歩いて渡れない。どうせ泳ぐのなら上流から泳いだほうが楽です

ザイルに引っ張られて2人目が、そしてザイルの端っこがスルスルと水の中へ。あっ、こらっ、まてー

先ほどの出合でネットで有名なHさんパーティにあう。相方の女性には、去年の井戸沢でも遇ったって、そうなの、あのときの・・

やっぱ、装備の身につけ方なんか格好いいね

この滝が10mトイ状というやつか

ここでちょいと失敗、左巻きってガイドにあったよなあってんで、何も考えずに左の踏み跡に入ったけど上へ上へと追い上げられる

ほかの資料には右巻き、短時間って書いているとのこと。資料をしっかり見るのか、自分で判断するのか・・・中途半端なことをやっているなあ

エメラルドグリーンの水の中を進みます。けっして、バスクリンをとかしているわけではありません

ゴルジュ状のきれいな渓相が続きます

どっぷり水に浸かりながら

天気がいいのでのんびり遡れます

ただ荷物が重い

大きな釜をへつり泳ぎで越えて

右からスダレ状の滝が落ちて

この先で右岸の高巻き、そして懸垂

2条20mの滝というやつでしょうか

左岸の窪から巻きました

2条20mの滝の下部を覗きました

なかなかの迫力です

2条20mの滝を越えると、しばらくゴーロ帯が続きます。ここはゴーロ帯の終わり付近です

このあたりで泊まれば、のんびりできたのだけど、先へ進みます

明日は山頂のテント場に泊まるぞ、なんて思っているので、出来るだけ先へ進んでおきたい

明日の夜はペルセウス座流星群の極大日です

またゴルジュ状の渓になります

ここからがこの谷の核心部らしい。もう2時を過ぎているけど、大丈夫かなあ

流木を利用して大きな岩を越えます

先行パーティが藪に消えたところで、さて我々も行こう

そして淵の向こうに滝、ここで先行2人パーティに追いつきました。まだ1人目が滝の脇にとりついているので、ザックを下して時間待ちです

(2)へ続く

Home