奥秩父・釜の沢西俣〜甲武信岳 2016.5

何度目の釜ノ沢になるのだろう。紅葉の秋もいいけど、新緑のこの季節も大好きです。そして今回は西俣へ

5/28 1日目

サッキッキは初めての泊まり山行だってか

ザックが重いみたいだなあ。今晩の共同食料を持ってやろうか

そうか、頑張れ

東沢の見どころの東ノナメ滝、西ノナメ滝を過ぎて、本流のナメ歩き

任されたものは最後まで持って行きたいです

滑ります。滑り台みたいに水の中に入って行きそうです。ピーマンじいはお尻まで進水式、なんとかずり上がり、恐れをなして右岸を巻きました

おっ、トモヤンのそのラバー底の靴、凄いじゃん。ピタッとグリップが利いてスタスタ

ハシじいとサッキッキはトモヤンのお助けヒモで何とか通過

ここもちょっとだけ滑ります

滑り出すとなかなか止まらない。まだ泳ぐには水が冷たいもんなあ、恐い

なんとかここも無事に通過しました

ここからしばらくで東沢は信州沢と釜ノ沢に分かれ、我々は釜ノ沢へ

釜ノ沢に入ってすぐの魚止ノ滝

東沢に魚はいるのだろうか。見たことないけど・・

魚止ノ滝を左から巻いて、そして・・

千畳のナメです

畳千枚敷くらいの広さってことか

ヒタヒタと水の中を歩きます

千畳のナメ出口のナメ滝、3つ続きます

左側を巻きぎみに登りました

ナメ滝を越えると平凡な流れになって、途中6mの滝を右側から巻いて、しばらくで区切りの両門ノ滝です

ここで、西俣と東俣に左右からナメ滝となって分かれています。我々は西俣へ

今日の泊まり場予定地までもう少し、余裕をもって到着できそうです

西俣のナメ滝を巻きます

滝の落ち口に向かってトラバース、沢床まで高さがあったけど、上手い具合に棚があって下りられました

滝の上は黄色っぽいナメが続きます

きれいなナメが続いて、西俣もいいじゃないか

ナメのあと、しばらくゴーロが続いて沢が開けました

しばらく泊まり場の物件探し、それと薪集め。けっこう焚き火の跡があって、薪集めは頑張らないと・・・

いい感じで燃え上がりました

あれっ、晩飯はピーマン鍋じゃあないのか・・・

不安、不信のピーマン鍋はやめて、おいしい豆カレーの出来上がり

焚き火をみつめてお酒をちびりちびり

何時頃なんだろう、えっーもうこんな時間なんだ・・

火を落として、タープにもぐり込みました

(2)へつづく

Home

深夜、寂しくぶきみにトラツグミが鳴いていました。鵺の鳴く夜は恐ろしい・・・久しぶりにそんなフレーズが・・・横溝正史懐かしい

会員募集中です