北ア・爺ヶ岳南尾根〜鹿島槍ヶ岳(その1) 2011.5

ムーンライト信州号を高速バスと間違えた人がいて。えっ、高速バス乗り場まで行ったんだって・・・。なにごとも間違いから始まった今回の山行きだった

爺ヶ岳の南尾根はだいたいが柏原新道から取り付くのに、白沢橋から登る計画を立てちゃって

わっわ、落石おとすな。大体なあ危険があぶないようなこんなとこ、誰が計画したんだ。頭痛がいたいぜ

ああ見上げるような急な尾根が・・・これを登るのかあ

植林から広葉樹の森に変わっても、急な傾斜は変わらない。そのうちに山頂詐欺師が活躍し始めて

ほらあそこまで登れば・・・

登っても登っても遅々として標高が上がって行かないような。右手お隣に見える白沢天狗の尾根と比べてもまだこんな・・・・・

雪も出てきて標高1900mあたりか。もう5時間も歩いているのになあ、地形図を見てもまだまだ先は長いよ。今日はどこまで行けるのだろう

笹やぶも深くなるところもあり。まあやまづとに藪はつきものと、ニコニコしているメンバーもいて。一度に雪山も藪こぎも楽しめるなんて最高じゃないのよ

やっと急傾斜が緩んで、ほっと

計画では、あわよくば冷池小屋まで行こうということだったけど、絶対無理だったね

広い雪面が登るにつれてまた急になってすり鉢状

雪も堅く締まっているのでどっち側かに逃げないと、ということで斜面に出たり痩せた尾根を辿ったり

段差があるところでは、お助けヒモを出したりロープを出したり、なんか盛りだくさんの山登りになって。こんなはずではなかったのだけど

やっと標高2000mを超えて、かなたに爺ヶ岳の姿が

もうテントを張ってここに泊まりたい、もう疲れたよ、なんて気持ちにもなったけど。ここで泊まると鹿島槍ヶ岳までは届かないからなあ。頑張ろう

急な斜面あり、痩せた尾根ありで柏原新道からの尾根との合流点(ジャンクションピーク)にもう少し。あれを越えればテントが張れるよ

夕暮れ間近、無事テントを張り終えて。ジャンクションピークはテント場になっており、他に5〜6張のテントがありました

爺ヶ岳の山頂はガスっていました。今日の行動時間10時間、長かった

さあ中に入ってビールを飲もう

晩飯メニューはトリ鍋です。肉も野菜もキノコもたっぷり、ちょいと豪華だよ。そのむかしはフリーズドライの親子丼に、お湯をかけて食べていたのに

最後に水菜を入れて出来上がり。たっぷり食べて明日も頑張ろう。おやすみ。えっ、明日は3時起きだって・・・

会員募集中です
Home

(2)へ続く