和賀・大鷲倉沢〜和賀岳〜辰巳又沢(その1) 2011.8

結局、盛岡到着は夕方の5時でした。でも、気を取り直して行くぞ。昔の山仲間の車に送られて夜の登山です。昼間寝たからいいか

朝の5時を過ぎてから、ナスコウゲンSAで休憩をとるって・・・ナスって栃木県のあの那須なの、なんてこった

朝の6時前に盛岡駅到着予定の高速夜行バスなのに・・・。ときどき目が覚めて渋滞にはまっているな、とは思ったけど・・・。

高下登山口に着いたときはもう真っ暗、動物の気配なんかを感じてなかなかスリリングな夜の山道でした

今夜は和賀川徒渉点泊まりです。さっそく手作りソーセージを焼いてビールをゴクゴク。晩飯は黒ゴマ担々麺

出来上がりです。どうだ

今日は和賀川本流を下って支流の大鷲倉沢を遡ります

おそ寝早起き、いつもの早寝おそ起きのやまづととは違います。甘い飲み物とささやかな焚き火、それから雑炊を食べて、さあ行こうか

和賀川は小さなゴルジュの続く沢でした。今日は水の量も多くはないので、すんなり大鷲倉沢まで下りられるかな

小さな滝でしたが、脇っちょから懸垂しました

もう一つ小さな二段釜の滝があって懸垂しました

滝壺に飛び込んでもと思ったけど

日が昇って、もう泳いでもいい時間ということで、バチャバチャ。河原が広がって大鷲倉沢の出合はもうすぐです

大鷲倉沢は空が明るく広がっている沢でした

出合からは、小さな滝が連なって上って行きます。ときどき小さな岩魚が足元を走ります

むむっ、この小さな滝には手こずって

ショルダーが重いぞ、足を上げろ、身体が重いんだから引っ張ってくれよ、とかなんとかで、どうにかこうにか這いずり上がり

昨日の遅れを取り戻そうと頑張っているのですが、まだまだ先は長いようです

この先昨日の遅れを取り戻せるだろうか

(2)へ続く

会員募集中です
Home