会津の山旅・朝日岳を越えて 2008.5

残雪に新緑があざやかな五月です

谷を埋める雪の上をトコトコ登って行きました

取り付く尾根はここでいいのかな

空気が澄んで遠くまでクッキリです

ブナの森の急登です

えっへっへ 照れるなぁ

きつい登りが終わって避難小屋へ

東京労山の4人組はここに泊まるという

3泊ならここに泊まっても十分だよ。あんた達、2泊なの

でも、これに騙されてはいけない

彼らは朝が早いのよ

やまづとは寝坊助ぞろい。頑張って今日のうちに鋸歯の尾根を越えよう

(案の定、半日の差をつけたと思った彼らは、2日目には我々に1時間差まで詰め寄り、3日目には我々がテントにいる内に追い抜いていって、それっきり見えなくなりました。)

朝日岳直下を登っています。かなりの急斜面です。

一歩一歩ステップをきざんで

もうかなりお疲れ気味です。鋸歯の藪こぎはこれからだよ!

さて、藪に突入というところで、ジーンズにスニーカーの若者が・・・

えっえっえっ

われわれの重装備は、これは何なんだ・・・

初めて山登りに来ました。何でもいいから来い、と言われて・・・

ということで、中高年のフンベツをちょっとだけタラ〜リ

でも、こういう若者っていいね

(なお、アッギーくんの最年少の称号は剥奪されました)

山頂から丸山岳を望む。越えるのは明日になります

その左後ろ遥かに会津駒ケ岳です

山頂からの眺め その2  浅草岳と左奥、守門岳です

やまづとでは、どちらも途中までしか行ってない?

いずれとは思っているけど、遠いね

山頂からの眺め その3  越後駒ケ岳と中の岳

一昨年の春山行の荒沢岳も見えています。

山頂からの眺め その4  飯豊連峰です。

やまづととは、あまり縁がないなあ。これもいつか

さぁ、藪に突入だぁ

我々の他には、駒まで縦走の東京労山の4人組と朝日岳ピストンの3人組

会員募集中です
Home

みんな中高年だよ アッギーくん、あんた最年少かもよ

つづく