八ツ・阿弥陀岳南稜(その1) 2009.2

麓ではヤマガラやヒガラが囀って、もう春が近いことを感じさせてくれました

暖かい日です。ここ一週間晴天が続いたようで、積雪も少なく楽ちんな登りです

今日は立場山を越えて、あの白い稜線まで歩こう

小ピークを越えて今日の泊まり場へ

我々が一番乗りだと思っていたら、おじさんが一人出迎えてくれました

なんで

3日前からテントを張って、写真を撮っているとのこと。今年もこの場所に2回目の撮影行だけれども、雪が少なくて迫力のある写真が撮れないとのこと

テント場から小ピークを振り返りました。なんでも雪の多い年は、木が全部雪に埋まって、ここの高さが小ピークと変わらなくなるとのこと

一昨年だったか一昨昨年だったか、阿弥陀岳での疲労凍死事故の日もおじさんはここにいて、そのグループが通り過ぎるのを見てたとか話しをしたとか・・・我々もあとから言われないようにしようね

おじさんのスコップも借りてテント場作りです

おじさんおじさんって言っているけど、我々も中高年3人組です

今日の我が家ができあがりました

一番いい場所を取ったみたいです。後から来たグループは我々より条件の悪い場所しかありません

冬にしては暖かい、といってもやっぱり寒いのでテントに入ろう

ちょっとだけ昼寝

中央アルプスのあたりに日が沈んでいきました

手前に見えるスキー場は入笠山かな

一杯やりながら水作りを

明日も穏やかな天気でありますように

あれっ、なんか・・・

会員募集中です
Home
つづく